« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

San Francisco Revengeの旅 -4日目-

  今日が旅行最終日。3泊4日って時間がたくさんある気がしたけれど、実際にはあっという間だった…。チェックアウトをし、ホテルに荷物をしばらく預かってもらう。外はちょっと肌寒かった。ということで、ともちゃんは上着を買いに走る。上着持ってきてなかったらしい。今日はユニオンストリートというところにあるお店でご飯を食べよう!ということになり、そこまでバスに乗っていく。バスに乗るのは初めて!なんだか緊張しました。

バスに乗ってユニオンストリートに無事到着!でも、目的のお店が見当たらない…。そのお店の場所に、違う感じのお店が…。お向かいにあった花屋さんに聞いてみると、NYのテロの後、お店を閉めちゃったのよ。このあたりの人も店がなくなっちゃって残念なのよ…なんて言っていた。ショック。お店がなくなっちゃったなんて…。ちなみに、このお店、私が持っていた2000年版の地球の歩き方に載っていたんだよね。やっぱり新しいの買わなくちゃダメね…。

しょうがないので、このあたりにあるお店で朝食を済ませることに。で、花屋さんにお薦めのお店を教えてもらったんだけど、名前を忘れちゃった…。こんな感じだったよね?なんて言いながら探したんだけど、見当たらない。今朝から調子があまりよくない私。アメリカンな朝食、私は食べたくないんだけど…。だって胃が痛いんだもん…。もうアルカトラズ行きのフェリーの時間も迫っているんだから、ここで食べなくてもいいのに…。でも団体行動。行くことになりました。食べた食事はまぁまぁ。でも感動するほどじゃなかったかな…。

Alcatrazアルカトラズ行きのフェリー出発時間まで30分弱。それまでに行かなくちゃ…。でもバスは行ったばっかりでなかなか来ない。間に合わないかも…と思ったら、やっと来た。

何とかフェリーに間に合って乗り込む。その前に乗船前の写真を撮られる。いや…絶対顔色悪いから…。見たくなーい(涙)。
監獄の島、アルカトラズ。サンフランシスコ沖合い3KMのところにある。近いように見えるけど、海流が早いため、逃げ出せないんだって。脱走した人も数人いたみたいだけど、脱走して行方不明になっているのが3-4人。他はみんな途中でつかまっちゃったり、諦めて戻ってきたり、死んでしまったりしたらしい。
入りましたよ、独房の中!!ちょっと不気味だった…。でも、お約束。写真をとって遊んじゃった。

アル カポネもここにいたらしくって、その独房は2階にありました。
でも、アルカトラズって、サンフランシスコがすっごく綺麗に見えるんだよね。ちょっと羨ましいな…なんて思っちゃった。でも、牢屋には住みたくありません…。

Sealions アルカトラズから帰ってきたら、フェリーに乗る前に撮った写真が出来上がっていた。いや…顔色が白すぎるんですけど(汗)写真を見るだけで買わないで帰ってきちゃった(笑)。そしてピア39へ行き、アシカを観察。いっぱいいすぎて気持ち悪くなった…(汗)。そこで一旦解散。それぞれお土産を買いに移動。ケーブルカーの形をしたクリスマスツリー用の飾りがあったの。かわいかったー。そのほかにもいろいろあったけれど、結局レジにはチョコレートを買っていくことに。やっぱり、サンフランシスコと言えばチョコレートでしょう!

フィッシャーマンズワーフからはミュニメトロに乗ってユニオンスクエアまで移動。ミュニメトロも初体験だったんだけど、混み混みだった…。もうちょっと空いていればよかったんだけどな…。

ユニオンスクエアのあたりに再集合することにして一旦解散。私は市庁舎のほうまで行って来ちゃった。再集合して行った先はチャイナタウン。今回はケーブルカーで行って来ました。念願の立ち乗りをして気分は上々。ただし…途中のポイントで、持っていたお土産の袋がポールにぶつかる!(爆)痛かったぁ…。。なんでこんなところにポールがあるんだよぉ。(理由:それはケーブルカーの分岐点だからです)

よるご飯は再びHouse Of Nanking!!今日もあのおいしいご飯が食べられる!と思うと嬉しい。ただし、まだ私の胃は本調子ではないけれど…。お店へ行く前に、CitiBankでお金をおろす。Orlandoと違って、Citibankがそこらじゅうにあるなんて幸せね♪

Yammy4House Of Nankingに着いたら、今日は全然並んでいなかった。早く来たからかな?まだ5時だもんね。この前来た時に周りの人が食べていておいしそうだった料理を注文!それは、ビーフの炒め物(?)みたいなのが、春巻きみたいな皮に巻かれているもの。おいしそう!と思って注文して食べてみたら、本当においしかった!!これ、お薦めです。でも、ここの料理ってどれもお薦めなんだよね。本当にはずれがないよ。はぁ、もっと時間があれば、チキンも食べたんだけどなぁ…。ここの料理を全て制覇するには日数が少なすぎました。今度サンフランシスコに来たときもここの料理を食べていることでしょう(笑)。

ご飯を食べて満足満足。まだちょっと時間があるので、ちょっと解散して単独行動。ともちゃんといっしょにマーシャルズ(アウトレットみたいなデパート)を物色。でも今回買いそうなものはなかったかな。GAPの前で待っていたら、のりこちゃんが慌ててやってきた。買い物中で、レジがすごく並んでいるらしい。私とともちゃんの2人で先に荷物を取りにホテルへ向かうことになった。でも、途中で私がちょっと寄り道をしちゃったので、私が1番最後にホテルに着いちゃったんだけど(汗)

ホテルからは地下鉄で空港へ向かう。BARTっていう地下鉄が走っていて、今年の6月に空港まで開通したらしい。切符を買うんだけど、買い方が分からない。駅員さんに聞いてやっと買えました。

私たちは直通の電車に乗ったつもりだったんだけど、そうじゃなかったみたい(汗)。だから空港の1つ手前の駅で乗り換え。飛行機の時間がどんどん迫ってくるよぉ。大丈夫かな??とちょっと不安になる。でも、それ以上に3人ともOrlandoに帰りたくない病に(笑)。あぁ、ここに住みたいよぉ。

やっとのことで空港到着!と思ったら、空港内のモノレールに乗り換え。
帰りもAmerica West Airlines。ターミナルがよく分からないよぉ。ターミナルに着いてからも、一応表示どおりには行ったけど、自分がどこにいるのか分からない状態(爆)モノレールからターミナルまで歩くこと約5分。やっと着きました。急いでチェックインを済ませる。なにせ、このとき出発まであと1時間切っていたんだよね…。
無事セキュリティーを通過し、トイレとかに行ってたらもう搭乗開始。

Casinoあっという間に、サンフランシスコよさようなら。そしてこんにちはラスベガス(笑)
帰りはラスベガス乗換え。待ち時間は1時間半。じゃぁ、カジノしなくちゃ!ということで、カジノへ行く。って言っても、空港内、搭乗ゲート前にあるんだけどね(笑)
ちょっと運試し。これで600ドルくらいあたれば、この旅行代のもとが取れるのにぃ。なんて話しながらやってきたんだけど、結果は…。まぁそうそう当たるものではありません(笑)。

そんな事をしていたら、もう出発の時間。早いわ…。もうOrlandoへ帰るなんて…。
涙で画面も曇ってます(泣←ただブレただけなんだけど…)
明日から仕事は嫌だけど、この4日間楽しい思いをいっぱいしました。
お世話してくれたベンさんありがとう。そしてのりこちゃん、ともちゃん、ありがとうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

San Francisco Revengeの旅 -3日目-

Yammy7 今日はベンさんがサンフランシスコを案内してくれる。待ち合わせの時間までちょっとあるので、朝ごはんを食べに行くことに。(この朝ごはんを食べに行きたいからって言う理由もあって、ちょっと遅めの待ち合わせにしてもらったんだけど)ガイドブックで見つけたおいしそうなお店。そこは毎朝長蛇の列なんだって。サンフランシスコNo1の朝食賞受賞店だなんて、どんなお店なのか興味津々。お店の名前はSears Fine Food。お店の前に行ってみると、やっぱり凄い列でした。

私たちが注文したのは、フレンチトースト、Swedish Pancake、Strawberry Waffleの3品。どれもおいしかったけど、ワッフルとパンケーキのおいしいこと!!もう絶品!!並んでまで食べた甲斐がありました。メープルシロップもおいしかった。でも、ワッフルにはたっぷりの生クリームがのっていて、生クリーム好きな私にはたまらないけれど、絶対高カロリーなことでしょう…。でもおいしかった…また食べに行きたいくらい。昨日ここへ行っておけばよかったかも…。

おなかもいっぱいになり、ベンさんとの待ち合わせ場所のMacy's前へ。
今日はゴールデンゲートブリッジ!近くで見るのも、渡るのも初めてだから、すっごく楽しみ!でも、その前に、ジャパンタウンへ!日本人としてはちょっとだけ行ってみたい。そこには紀ノ国屋や日本食のスーパーがあって日本のことが恋しくなった時にいいなと思いました。Orlandoにはこんなのないから羨ましかったりする…。スーパーで日本食を買ったんだけど、OrlandoのOriental Marketのように賞味期限切れのものがないから安心してお買い物ができました。それはよかったんだけど、スーパーでレジしたおばちゃんの態度が…。かなりムカ!っときたけどね。
買い物を済ませ、途中の日本食レストラン(?)でお昼のお弁当を買い、いざゴールデンゲートブリッジへ。この橋を支えているケーブルってかなりの太さ。間近で見てビックリしました。

Golden4 ゴールデンゲートブリッジの手前でベンさんと別れ、私たち3人で渡る。渡った先のところで待ち合わせ。風はちょっとあるけれど、今日はいい天気で暖かいから気持ちがいい。こんな大きな橋を歩いて渡るなんて初めてだから、Aiko興奮気味(笑)でも、下を見て、ここにカメラ落としたらどうしよう…なんて、心配性(笑)ちょっと疲れたけれど、渡りきりました!とってもいい経験だったよ。

ゴールデンゲートブリッジを渡りきったところで、ベンさんは待っていてくれた。40分くらいかかったから、結構待たせちゃったかな…。(ベンさんは待っている間に、自分のお昼のお弁当を買いに行き、それから戻ってきて新聞を読んでいたらしいです)ゴールデンゲートブリッジをみながら、みんなでランチ。外で食べるご飯って、とってもおいしいね!綺麗な景色を見ながらだから余計そう感じるのかもしれないけれど。でも満足でした!

Muirwoods2 その後、ゴールデンゲートブリッジの先にある山に登って街を一望しよう!ということで、車で山を上る。が、途中まで来たら立ち入り禁止になっちゃっていた…。高温&乾燥で、山火事の危険性があるから立ち入り禁止なんだって…。せっかくここまで来たのに、なんだか残念…。でもしょうがないよね。代わりに行ったところはMuir Woodsというところ。国立公園らしい。大きな大木がたくさんある森林公園。人が10人手をつないでやっと幹を一周できるような木がたくさん。そして、木の高さがすごい。日本じゃこんな高い木見たことないんだけど…。あるのかなぁ??樹齢600年とかいう木もある。なんだか久しぶりに自然に触れた感じがした。(オーランドじゃ自然に触れられないもん。自然に触れようと思ったら、蚊はいっぱいいるし、他の虫もいっぱい。そしてワニもいる(笑)。そして外は暑い…。大きな町が近くにありながらこんなに自然があるところもあるなんていいよね。

しばらく自然を堪能してから、また車に乗って移動。今度はゴールデンゲートブリッジとサンフランシスコを見渡すことのできる場所へ。霧がちょっと出てきたけれど、着いたときはまだ綺麗に見えていたゴールデンゲートブリッジ。でも、時間と共に、まわりが白くなっていき、ついにゴールデンゲートブリッジが霧の中にすっぽり隠れちゃった!!私たちがサンフランシスコに来てから霧が出たのってこれが初めて!なんだかちょっと嬉しかったかも。だって、サンフランシスコと言えば霧でしょう!!でも、霧が出たあとは寒くなるんだって…。明日はきっと寒いよ。なんてベンさんに言われてしまいました。

Golden5霧がこんなにはっきりと見え、そして自分達の方にも流れてくるなんて初めての経験だったから、本当にこれてよかったよ。帰りにゴールデンゲートブリッジを通ったら、これまた真っ白。視界が余りよくない。でも、みんなびゅんびゅん飛ばしてるの。すごいね。ゴールデンゲートブリッジの後は、Cliff House&Seal rockへ…。途中には、これまた豪華な家々が建っていて、こんな家に住んでみたい…なんて考えてしまったよ。途中、カリフォルニア・レジョンドヌール美術館とかいうところに立ち寄った。海には近いけど、ここまで霧が煙ってくるなんてすごい…。中はあいにく見れなかったけれど、豪華な感じの建物でした。
Cliff House&Seal rockに着いた頃には、外はすっかり寒くなっていた。で、みようと思ったら、なんと改築工事中!そして、霧のため何にも見えない…。なんだ…。でもね、ここはアシカが見れるところなんだけど、アシカはもうここにはほとんどいないんだって。フィッシャーマンズワーフのピア39のあ たりにみんな移っていったらしい。なんだ…ちょっとがっかり。

帰りはゴールデンゲートパークに立ち寄った。とっても大きな公園で、サンフランシスコ市民の憩いの場にもなっているんだって。そこでちょっとベンさんとお話。これでベンさんとはお別れ。なんだか寂しかった…。アンクルロイを通じてベンさんと知り合いになれて本当によかったよ。また機会があれば会いに行きたいな…。

3日間の疲れが出たのか、のりこちゃん&ともちゃんはお疲れモード。私はのんびりあんまりできない性質なので、ホテルでまったりはせず、外へ…。買い物へ行ったんだけど、あんまりいいものが見つからなかったからすぐに帰ってきちゃった。

ちょっとしてからお食事へ。Yukaさんにおいしいとお薦めされたお店第2弾。モナリザを探す。通りの場所しか分からないから、どこなのか分からない。でも、やっと見つけました、モナリザ!!お店があるColumbus Aveはイタリアンのレストランが並ぶ通り。おいしそうなお店がいっぱいあった。その中にあるモナリザは、雰囲気抜群のお店。こんなラフな格好で入っちゃっていいのかなぁ…って考えてしまいました。
鮭のクリームソースのスパゲティーも、リゾットもとってもおいしかった。デザートも食べたかったけど、それは違うお店にしよう・・・ということになり、お店を移動。

モナリザの隣の方にあるCafeに入った。本場のコーヒーはおいしかったよ。でも、夜にエスプレッソを飲んだからか、連日の食べ過ぎのせいなのか、次の日大変なことに…。それでも、サンフランシスコを満喫できたから良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

San Francisco Revengeの旅 -2日目-

朝から晴れ!!朝はちょっと肌寒かったけれど、いい天気でよかった!朝ごはんは、ホテルの隣のカフェへ。ここで、紅茶とマフィンで軽く食事を済ませる。観光案内所へ向かい、マップやミュニパスなどをGET!ミュニパスがあれば、ケーブルカー、ミュニバス、ミュニメトロ全て乗り放題!買う価値あるでしょ?私たちは3daysパスを買いました。値段上がって15ドルになっちゃっていたけれど、そのくらい乗るでしょう。きっと…。ケーブルカー乗り場へ向かったら、長蛇の列!!ケーブルカー乗るのなんて、生まれて初めて!(本当かな?)だから楽しみでしょうがない。
Cablecar サンフランシスコのケーブルカーって自動で方向転換しないんだね。始発のPowell&Marketには、係員の人がいて、ケーブルカーが到着すると、運転手・車掌(?)と一緒になってケーブルカーを押して方向転換をしていた。いまどき人力だなんて珍しい!でも、いい味出しているよね。これからもこのままであって欲しいな。

ケーブルカーの仕組みをちらっと観察していたら、いよいよ私たちが乗る番に!さくっと乗って、外向きの座席をKEEP!でも立ち乗りもしたーい!!とりあえず今回は座り、次回は立ち乗りをしよう!と言うことになった。
初めてケーブルカーに乗った感想は、新鮮!!本当に嬉しかった♪坂道&海の見える景色が大好きな私にとっては、なんとも言えないね。
思う存分景色を楽しんでいたんだけど、なんだかおかしい…。行きたい方へいってないような気が…。と思ったら、通り過ぎちゃったじゃん!!おーい!どうやって降りればいいんだよぉ(涙)と思いながら、終点に着いてしまった。
本当はね、ロンバードストリートへいって、それからフィッシャーマンズワーフへ行くつもりだったの。私たちは、Powell&Hydeっていうケーブルカーに乗ったつもりだったんだけど、実際乗っていたのは、Powell&Masonだった…。この2つの路線は途中までは一緒なんだけど、それ以降が違う方へ行くんだよね。ロンバードストリートの坂の上のほうに着く予定が、坂の下を通り過ぎたのでした…。しょうがないので予定変更。フィッシャーマンズワーフへ行ってからロンバードストリートへ行くことにした。

Fmw フィッシャーマンズワーフに到着!やっぱり潮風はいいね。
まずは、アルカトラズとベイクルーズのチケットを買いに行く。アルカトラズのチケットは、売り切れだった(涙)やっぱり予約していくべきなのね…。しょうがないので23日のチケットを購入。ベイクルーズはチケット大丈夫だった。夕日も見たいねーなんて言っていたので、最終便に乗ることにした。それまでの時間がかなりあるので、まず、腹ごしらえ。どこかでクラムチャウダーが食べたい!ということで、ガイドブックに乗っていたお店へ。Boudin Sourdough Beef Bakery & Cafeって言うお店。この店オリジナル(?)のサワドゥ・ブレッドをくりぬき、ボール型にしたものの中にクラムチャウダーを入れたものを注文。ただし、アレルギー持ちの私は、チリビーフが入ったものを注文。でも、おいしかったよ。友達もクラムチャウダーおいしい!と言っていた。しかし、ここである事実が発覚。朝食べたカフェって、ここじゃん!!!なんだ、支店いっぱいあるのね…。

ご飯を食べたあとはギラデリへ…。ギラデリは、チョコレートショップ。サンフランシスコ生まれのお店なんだけど、その工場って言うのがフィッシャーマンズワーフにあったんだよね。今はその工場はフィッシャーマンズワーフにはないんだけど。工場跡地を利用してショッピングモールにしたのが、ギラデリスクエア。レンガ造りで素敵な感じでした。ただ、トイレの数が少ないんだよね。友達から一口もらって食べたクラムチャウダーでアレルギーが出たのか、ギラデリスクエアで腹痛発生。トイレ1箇所しかないし、遠いし…で大変でした(汗)
で、ここに何をしにきたのかと言うと、(注:トイレのためじゃない)、やっぱり本拠地でギラデリを楽しまなきゃ!ということできたのです。
結局、お昼ご飯でおなかがいっぱいになりすぎて、パフェは食べられなかったけど…。カフェモカを楽しみました。でも…甘かったぁ。

3人ともかなりおなかがいっぱい。そのため、ちょっと運動でもしようか?と歩いてロンバードストリートへ移動。(本当は、ケーブルカーが長蛇の列で、この暑い中並ぶのは嫌だ…と思ったからでもあるんだけど。)
ロンバードストリートまでは、急な坂道を登っていく。本当に急でかなり辛かった…。スニーカーだったからまだよかったけど、そうじゃなかったら、登れなかっただろうね(汗)

Lombard2 歩くこと約15分、到着しましたロンバードストリート!!ここ来てみたかったんだよね。世界一曲がりくねった坂道!!春だったらもっと綺麗だったんだろうな。残念…。でもみれただけで満足です!
それにしても曲がりくねっていて凄い。よく事故起こさないなぁ…って思いました。そしてこの坂の両側の家は豪邸ばかり…。家に白いグランドピアノが置いてあったり(それが窓から見えたんだよね)、ジャガーが家の前に止まっていたり…。いいね、お金持ち。私にもお金を分けてください(爆)。でも、観光客が多いこの通りに住むって嫌じゃないのかな?うるさいだろうし…。私の高校は函館でいちばん有名な八幡坂(チャーミーグリーンのCMで昔使われた)の横にあって、観光客がうるさいって言う理由もあって函館の端の方へ移転したんだけど…。引越そうとは思わないのかな?ちょっと疑問に思ったのでした。

ロンバードストリートから歩いて再びフィッシャーマンズワーフへ…。途中、素敵なおうちがたくさんあって、のりこちゃん「お宅訪問したーい!」と言う。結局しなかったけど。(っていうか、もしお宅訪問したら不審者に間違われるでしょう…きっと)
それにしても坂道が多いサンフランシスコ。その坂道に器用にも車を縦列駐車するんだから凄い。だって車と車の間、50-30センチくらいしかなかったりするんだから!私には絶対できなそう…。(免許ないから当たり前だけど)
フィッシャーマンズワーフに着いたけれど、まだ時間があったので、そのあたりのお店を見学。似顔絵を50年書いてる人がいてビックリ!そのおじさんの似顔絵、みんな似ていたし、そして愛らしかったよ。素敵でした。

Golden3 時間になったので、ベイクルーズ乗り場へ…。私たちは屋上(?)の席をGET。海上から見るサンフランシスコも、なかなかです。海鳥がいっぱい飛んできて、低空飛行してた。なんだか凄かったよ。そしてすごいと言えば、夕日をバックにゴールデンゲートブリッジを見れたこと!!本当に素敵でした!!このクルーズ、いい思い出になった。きてよかったよ。

クルーズから帰って来たら、もう日も落ちて暗くなってきた。帰りはケーブルカーに乗ろう!ということで、ケーブルカーへ。でもかなり長蛇の列で30分くらいは待ったけど。待っている横で、ギターの弾き語りをするおじさんがいた。おじさん、いい場所GETしたね。待っている人みんな、必然的に聴かざるおえないもん(笑)でも、おじさんの演奏、とっても上手でした。

ケーブルカーを途中下車。そして行ったところは、ソタナと言うメキシコ料理のお店。秋組のYukaさんが6ヶ月くらいサンフランシスコに住んでいたことがあって、そのとき見つけたおいしいお店として教えてもらった。私たちが行ったのは10時を回っていた頃だったからそんなに混んではいなかったけど、平日のこのくらいの時間なら混んでいそうな感じ。だって雰囲気はいいし、料理はおいしいし。テーブルに着いてすぐ、トルティーヤチップスを出してくれたんだけど、そのソースのうまいこと!!どうやって作っているのか教えて欲しいぐらいだったよ。そして余ったソースを持って帰りたいくらいおいしかった!!ご飯もおいしくって、でもお昼ご飯がおなかにたまっちゃっておなかが空かない私たちは、3人で1つをシェア。もっとおなかが空いていれば、いろいろな料理食べたかったのにな…。そして、極めつけはフラン!!これは3人とも1つずつ注文したんだけど、持って帰りたいくらいおいしかった!!サンフランシスコに来たら、試してみるべき!!どれもこれもおいしくって満足。ソタナからは歩いてホテルまで、途中おいしそうな日本食のレストランを発見!来れたら来たいねーなんて言っていたけれど、結局いけなかった。日本食は次回…。

明日はベンさんと一緒にゴールデンゲートブリッジ!!歩いて渡るぞぉ!楽しみだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

San Francisco Revengeの旅 -1日目-

2000年1月にSan Franciscoに来たけれど、悪天候&飛行機の故障により、滞在時間約半日…どこにもいけなかった…。このリベンジはしなくちゃ!!ということで、避暑地リストに入れていたSan Francisco。
9月にのりこちゃん&ともちゃんと行こう!と決めたのは、7月中。あっという間に時は過ぎ、いよいよ出発の日に!!
待ち合わせは9時。Commons Gate前。そこに、アンクルロイさんという人がお迎えに来てくれ、空港まで送ってくれるらしい。で、安心しきっていたら、やってしまったよ…寝坊。なんと9時!のりこちゃんがうちに電話をしてくれてそれで眼がさめた!!2日前に捻挫して、筋肉緩和剤を飲んでいたせいかしら?(きっと違うでしょう…)シャワーも浴びれず、急いで家を飛び出し、何とか空港に到着!アンクルロイ、ありがとう!!あなたがいなかったら、飛行機に乗り遅れていたことでしょう…。


飛行機はPhenix乗り換えのAmerica West Airlines。マイナーどころだね…。ところで、Phenixって何があるんだ??サボテンくらいしか思いつかないんだけど…(失礼)。

San Francisco、また霧で着陸できなかったらどーしよー(汗)なんて思っていたけれど、無事到着!Orlandoから7時間の旅…。長かったー(ふぅ)。
San Franciscoの空港には、アンクルロイのお友達、ベンさんがお迎えにきてくれることになっている。飛行機を降りて、ベンさんを探すも、見たことも会ったこともないベンさんを探すのは困難…。やっとのことでベンさんに会えました!!
ベンさんは、とってもよいおじさん。中国系アメリカ人だからか、とっても親近感がもてました。
ベンさんの車に乗って、プチサンフランシスコ観光!!サンフランシスコの高級住宅地を見学し、そしてツインピークスへ。ツインピークスは、私たちのリクエストだったんだけどね。
上から見る景色は、とってもきれいだった!!ベンさんから、サンフランシスコの歴史(?)とかちょっと聴けてそれも良かった。だって普通のガイドブックでの旅だったら、そういうのなかなか聞けないもんね。
その後、ホテルに送ってもらい、いったんベンさんとお別れ。また、夜にツインピークスからの夜景を見に連れてってもらうんだ♪これも楽しみ♪

Hotel2 私たちが泊まったホテルは、The Pickwick San Franciscoというところ。実は2000年に来たときもここに泊まっていたんだよね…。懐かしい(笑)。
ホテルの隣はショッピングモール、そしてショッピングモールの前はケーブルカーの始発駅や観光案内所などがある。かなり便利なところ。いやぁ、ここにしてよかった…。
相変わらず内装はかわいかったけど、アメニティーの質が下がったかな??だって前はBath&Bodyworksのプチボトルが置いてあったんだもん!
でも、サービスはいいし、内装もきれいで言うことなしです。はい。

ホテルでちょっと一休みをして、ユニオンスクエア&チャイナタウン見学へと出発!!サンフランシスコと言えば、チャイナタウンの飲茶!でしょう!!と出発前から意気込んでいた私(笑)。だから、チャイナタウンでご飯食べたかったんだよねー。ユニオンスクエアはちらっと通っただけで、すぐにチャイナタウンへと向かったのでした。

Chinatown チャイナタウンまでは徒歩で行った。だって、街並みとか楽しんでみたかったし、明日からの3daysのミュニパスを買おうと思っていたから(笑)。
道がよく分からないけれど、いつもの通り、勘で切り抜けようとする(爆)。着いたところはトンネルだった…。まぁ、通ればどっかに着くだろう!と思って通ってみたら、抜け出たところはチャイナタウンだった!!ビンゴ!!(でも、チャイナタウンのはずれだったんだけどね)
とにかく、チャイナタウンにたどり着いたので、チャイナタウンを物色する。
いろいろなお店があって面白いんだけど、EPCOTの日本館で売っているようなものまでもここにあってビックリ!!あの…招き猫って日本のものじゃありませんこと??
怪しげ(?)なCD屋さんに入ると、そこには日本のCDがあった。古いのからちょっと古いのまで(笑。新しいのはないのかよぉー)でも、まぁ久しぶりに日本のCDを見れて嬉しかったよ。

しばらくチャイナタウンを楽しみ、それから今日ご飯を食べに行くところへ。私の古い(笑)地球の歩き方に乗っていたレストランへ…。
2つのレストランが候補に上がって、その2つとも隣同士に並んでいるから、行ってから決めよう!ということになった。で、レストランを探すも、なかなか見つからない…。って言うか、どうも曲がるべき道を間違えたらしい。おかげで、ストリップショーとか風俗(?)っぽいお店が並ぶあたりにやってきてしまった…。早くここを逃げ出さねば、ヤバイ!と思って、坂を下っていくと、見つけました!お店がある通り!!
その通りを曲がっていくと、すぐ目的のお店があった。でも、長蛇の列。しょうがないので、2つのレストランどっちにしようかぁ?なんて言いながら、とりあえず向かって右側の列に並んでおく。どっちのお店もなんだか繁盛しているように見える。どっちがいいんだろうね…なんて悩んでいたんだけど、
なんだかおかしい。どこからか抜かされて人が入っていくじゃん!よくよく見たら、2つの列だと思っていたのは1つの列で、何と1つの店の入り口が2つに分かれていた…。2店舗だと思ったのは、壁で仕切られているけれど1つのお店だったんだよね…。なんだよ、このつくりは…(汗)。
Yammy1で、私たちが候補に上げていたもう片方のお店はと言うと、ガラガラでした…。せっかくここまで並んだし、並ぶってことは人気なんでしょう!と思い、このお店に入ることに。お店の名前は、House Of Nanking。サンフランシスコでおいしいチャイニーズレストランとして有名らしく、何度も賞を獲っているらしい。
お店の中は、とっても小さくて、2つの店舗合わせても50人くらいしか入れない。壁には賞状などが張られていた。私たちはなすのガーリック炒め(写真見てね)と、えびチャーハンと、餃子を注文。これが、どれをとってもおいしいんだよね。えびチャーハンも最高だった!他にも食べたいものはたくさんあったけれど、とりあえず今日はこのくらいに…。また最終日あたりにでも、ここに来てご飯を食べよう!!ということになった。このレストラン、本当にお薦め!!食べに行くべきです。

ご飯を食べ終わり、お散歩しながら帰ることに。途中で何か中国の縁日?みたいな物をやっていた。歌や踊りがあったみたい。残念ながら、時間が合わなくって踊りは見れなかったけど。

Nightview ホテルに一旦帰り、ベンさんに連絡。そして迎えにきてくれた。
ベンさんの車に乗り、再びツインピークスへ。昼はきれいだったけど、そこまで感動しなかった。でも、夜は…凄かった!!函館夜景で満足している場合じゃないね(笑。ちなみに、函館夜景は10回以上見ています…)遠くには、サンフランシスコ対岸の街、オークランドが見えるし、ベイブリッジもゴールデンゲートブリッジも見える!本当にきれいだった。
こんな町に住むことができたら幸せだろうなぁ…なんて思った。
時間を忘れてみていたから、気がついたら来てから1時間近く経っていた(笑)
オーランドとサンフランシスコとの時差は3時間。オーランドではもう夜中だから、いつも早寝のともちゃんはもう眠たそう。3人とも疲れているし、ベンさんにも夜遅くまで付き合わせると悪いので、ホテルへ帰ることとにした。この夜景を毎日見れる人って贅沢だなぁ…。羨ましいよ。私もここに住みたい!と思いつつ、就寝。明日はフィッシャーマンズワーフへ行くぞぉ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »