« I Love LA!① | トップページ | Santa Barbara »

I Love LA!②

いよいよ今日から本格的観光開始!!って言っても、行くところは限られているけど…。昨日、あんまり動けなかったから、パサディナへ行ってみたかったけれど、またお預けかな…。でも、なるべく時間を有効に活用するぞ!!

昨日の疲れがまだ抜けず、今日はちょっとゆっくりめに起きておでかけ。でも、午前中には出かけたけどね。お散歩がてら、歩いてビバリーヒルズの方まで行ってから、ハリウッド行きのバスに乗ろうかと思ったけれど、時間がもったいないのでやめてみた。だって、それじゃなくても今日はゆっくり起きちゃったし…(って言っても、出かけたのは10時半頃だけど)。まず、最寄のPico&La Cienegaというバス停でビックブルーバス7番に乗ってFairfax Av.へ。Fairfaxからは、メトロバス217番に乗ってマンズチャイニーズシアターまで直行!乗り換えが1回で済むから嬉しいね。しかも、ビックブルーバスの初乗りは$0.75。メトロバスの初乗りは$1.35.乗換えをするのに、トランスファー代が$0.25.だから、ビックブルーバスからメトロバスにトランスファーしたほうが安い!!7番は本数も多いし、嬉しいね♪

Fairfaxでバスを待っていたら、近くにあるスーパーでストライキ(?)を行っていた。プラカードを掲げて頑張っていたんだけど、通りかかる車が激励(?)にクラクションを鳴らしてた。うるさい!って言ってクラクション鳴らすのは分かるけど、激励で鳴らすとは思いもよりませんでした。(だって、クラクションが鳴ったら、ストライキしている人たちが喜んでいたんだもん)

Hollywood マンズチャイニーズシアターまではバスで30分くらい(?)。バス停で降りて思ったのは、ちょっと変わったなぁ…ってことだった。それもそのはず、私が以前来たとき(Hollywoodに来たのは5年前)は、Kodak Theaterも、Hollywood Highlandもまだ(たしか)建設中で、できていなかったもん。多分 、フェンスで囲まれていたはず…。それが立派な劇場&ショッピングセンターになったんだから、ちょっと変わったな・・・と思うのも当たり前。私が来た頃はまだ地下鉄もここまでは開通していなかったしね。

到着してまず行ったのは、Kodakシアター。Hollywood名物のスターの足型がある、マンズチャイニーズシアターの隣にある。ここはHollywoodの祭典、アカデミー賞が毎年行われるところ。とは言いながら、まだここで開催されるようになってから2年くらいしか経っていないんだけどね。実はこのKodakシアター、中が見学できる!!映画好きで、中学生の頃から毎年アカデミー賞授賞式をTVで見ている私は、アカデミー賞が行われるところがどんなところなのか興味深々。これは見に行かねば!と思い、早速チケットを買い求めに。日本語のツアーがあるってガイドブックに載っていたので、ちょっと楽して日本語のツアーへ行こう!と思って今日行くことにしたのに、行ってみると、日本語のツアーはやってないって言われちゃった…。しかも、今日のチケットは全てSold Out。なんてこったー(涙)。しょうがないので、明日のチケットをGETした。もういいよ。楽しみは明日に取っておくんだ!

Hollywoodhighland 参加できないと知って一気におなかが空いた私(笑)は、Hollywood Highlandのフードコートで、ご飯。食べたのはPizza。おいしかったよ。大きかったけどね…。
ご飯も食べて、満足!Hollywood Highlandの外に出たら、何かの撮影の準備をしていた。ミーハー(死語)な私は、何が行われるんだろう…と思って、そのへんをうろちょろ(笑)。時間は有効に使うはずだったんじゃなかったっけ?(爆)。待っている間にWalk Of Fame探しに出かける。お目当ては愛しのジョニー・デェップ様。今回こそは見つけてやる!!(5年前も見つからなかったはず…)いろいろ探したんだけど、また結局見つからず…。どこにいるんだーーー??悔しいので、たまたま見つけたアーノルド・”ターミネーター”・シュワルツネッガー新カリフォルニア州知事のWalk Of Fameの写真をとってきた。意味ないんだけど…。ちなみにこのWalk Of Fameは、映画、TV、ラジオ、レコードの4つの分野に分かれていて、その分野で活躍する人々の名前が月に1回程度追加されているそう。運がよけば、新しいWalk Of Fameを埋め込む式典を近くで見れるかもね。

なかなか撮影が始まらないので(ってまだ待ってたのかよ。オイッ)、スターの豪邸ツアーへ行くことにする。行ってみたかったんだけど、行ったことなかったんだよね。ガイドブックには$29って書いてあったのに、リーフレットには$35だって!!どういうこと?値上がったの??とちょっと迷う。でも行くことにして、受付のおにーさんに行きたいんだけど…って言ったら、じゃぁ、特別価格!$25にしてあげるよ。いつもは$32なんだけどね。って言われた。わーい!ラッキー♪でも、はて…。あの$35っていうリーフレットはなんだったんだ?そして、ガイドブックの$29も…。全然違う値段なんだけど…。しかも、時間がPM4:00からだって!この後、ゲティセンターへ行こうと思っているんだけどぉ…。まぁ、安くなったのはよいこと。細かいことは気にしない。気にしない。ゲティセンターは夜9時までやっているし、行って帰ってこれるでしょう(笑)。

Shooting そんなこんなで待ち時間をそのへんのExpressやTommyでつぶしていたら、撮影が始まった(笑)とりあえず見てみたけど、誰が誰だかサーッパリ分からん(爆)しばらくみたけど分からなかったから、隣にいたおばさんに聞いたら、アメリカンアイドルの子よ。○○・××って言うの。知らない??って言われた。しっ、知らない…。(汗)。とりあえず、あぁー、そっかー。って適当に話をあわせて、そそくさと退散(爆)。後で知ったんだけど、クレイ・エイケンとかいう人だったらしい。そして、後日この映像はCNN Headlineで放送されていた。

とりあえず、誰なのかは分かったので、スターの手形・足形でも見に行くか。と、マンズチャイニーズシアターへ移動。昔来たときよりも増えてた!(って当たり前か)アンソニー。ホプキンスって、昔からいる名優なのに、最近まで足形なかったんだね。ちょっと驚き。足形・手形をしばらく見ていると、私が参加するツアーの集合場所あたりで、ツアー参加者を呼ぶ声が…。まだ3時半だから早いんだけど、行ってみようと思っていってみたら、「じゃぁ、彼についていってください」と言われた。いや…時間早いんですけど、いいんですか?何度確認しても、大丈夫大丈夫!と言われた。いいのか?連れて行かれた先は、Hollywood Highlandの裏側。そこにバス停があって、そこから乗り込む。4時からのツアーのはずが3時半から参加できた!ツイてるね。この調子で、誰か見れないかなぁ…。

ツアーのバスは12-15人乗りのバン。ガイド兼運転手と共に約2時間、スターが住むビバリーヒルズ、ベルエアや、よく出没するレストラン&クラブスポットのサンセットストリップをまわる。私が参加したときの参加者は、シンガポール、ルーマニア、香港、オーストラリア、アメリカ、そして日本と国籍も様々でした。

バスに乗ってまず向かったのは、サンセットブルーバード。Hollywoodのサンセットブルーバードは、夜になると売春婦が結構いるらしく、かつてコメディー俳優のE・Mや二枚目俳優のH・Gが買春容疑で逮捕されたとか。その現場がこの2ブロック先ですとかいう説明があった。ふーん、そんなことがあったんだーと思いつつ、バンはサンセット・ストリップへ。サンセット・ストリップには有名なクラブやレストランがたくさんある。これらのレストランは、スターがオーナーのものもあれば、お気に入りでよく通っているものもある。ガイド曰く、土日はよくスターが出没するらしい。目を凝らしてよく見ると、カフェに映画スターがいたりするんだって。じゃぁ、外でも眺めようかと思ったら、隣を走るランボルギーニを発見!ランボルギーニって私はよく知らないけれど、高価なスポーツカーらしい。誰が乗ってるんだろう…と思ったけれど、さっさと行っちゃったから、中は見れなかった。でも、サンセットストリップやビバリーヒルズで高級車を見たら、スターかな?と疑った方がいいんだって。で、よく見ると中にスターがいることがあるらしい。(実際5年前に私はベンツに乗ったモーガン・フリーマンにはねられそうになったことがある(笑))

サンセット・ストリットを通り過ぎてしばらくすると、ビバリーヒルズ市へ。そしてそのまま進んでいくと、スターの邸宅が並ぶ地区に入る。有名なところで言うと、フィル・コリンズ、人気TVドラマ、I LOVE LUCYのLUCY役だった人(名前忘れた…)などがこの通りに住んでいるらしい。そして通りを入り、ビバリーヒルズの奥へ…。マイケル・ダグラスの家(大きかった!)、ハル・ベリーの家、フランク・シナトラが住んでいた家、レオナルド・ディカプリオの家の前、ブラピが昔住んでいた家の前を通った。途中、建築中の豪邸があって、誰の家だろう??と思っていたら、ベン・アフレックス&J.LOの新居らしい。このあたりで一番大きな豪邸は、マイアミバイツやビバリーヒルズ高校白書、フレンズなどのプロデューサースペリング氏の家で、家の中には部屋が120室くらいあるとか…。凄すぎね…。そんな家に一人でいたら、怖そうだね。どっかから誰かが出てきそうだもん(笑)。

その後、ロデオドライブへ向かうと、その途中にウィル・スミスの家が。外観はちょっと大きなおうちって感じでした。きっと中がすごいんだろうね…。同じ通りには、シャロン・ストーンの家があったんだけど、こちらは玄関の扉がでかいのなんのって!あなた、身長3メートルくらいあるんですか?!ってつっこみたくなった(笑)でも綺麗な白い豪邸でした。

一旦、ロデオドライブで解散。10分間そのあたりの高級店をめぐってきてください。もしかして芸能人に会えるかも!?と言われた。でも、私はブランド物のお店へは行かず、スムージーを買いに走る(笑)。なんだか無性に飲みたかったんだもん!(爆)10分後、再集合、だれか見ましたか?というガイドの問いかけに、アメリカ人のおばさんが、「私、トビー・マッガイヤ(スパイダーマン)とブラピをみたわよ!」と一言。うっそぉぉぉぉ!だったら、行っておけばよかったーーーー(かっくし)と後悔。まぁ、いいさ(笑)。スムージーおいしかったし(オイッ)。土日に買い物来ている芸能人も多いらしいよ。平日に多そうなのにね。

またバンに乗り込み、Hollywoodへ帰る私たち。いやぁ、こっちに来て初めて芸能人のおうちをみたよ。なんだか満足でした。

Hollywoodで解散後、Sunset Blvdまで歩いていき、そこからバスに乗って移動。これからゲティセンターへ行くんだ!夕陽が見れればいいなぁ…。バスに乗るときに、ゲティセンターへ行きたいんだけど…。乗り換えの場所になったら教えて!ってお願いしたんだけど、バスの運転手は、どこで乗り換えればいいのか知らない様子…。どーしよう…と思っていたら、バスに乗り合わせていたお姉さんが、きっとWestwoodで乗り換えよ。と言ってくれた。路線図を見る限りでは、Westwoodの手前で乗り換えのはずなんだけど…でも教えてくれたお姉さんにお礼をいい、バスに乗る。Westwoodで、バスの運転手が降ろしてくれたんだけど、その時、「おれはあんまり分かんないから、降りたら周りの人に聞いてみな」と言われた。ので、聞こうかな?と思って止まっていたバスのほうへ。するとそこにバスの路線図があって、その中にゲティセンターを発見!やったーと喜んだのも束の間、バスが行っちゃった(涙)。ここでさらに25分バスを待ったので、夕陽には間に合いませんでした(涙)。

Getty3ゲティセンターは、ジャン・ポール・ゲティという石油王が収集していた美術品を集めて展示している無料の美術館。なんと、この人の遺産はすっごく莫大で、遺産の中から毎年数億円は使わないといけないんだって。それで遺族がこの美術館を作ったとか?(違っていたらごめんなさい)広大な敷地で、入り口から美術館まではモノレールで移動!モノレールを降りて美術館の入り口に入ると、インフォメーションがあって、そこにはもちろん日本語のガイドも置いてあった。

中はいくつかの建物に分かれていて、それぞれ違うテーマ、時代のものを展示しているんだけど、私が好きな絵はあんまりなかったかな…。写真の展示コーナーが閉鎖されていたから見れなかったんだけど、見たかったな…。残念。

夕陽も見れなかったし、寒くなってきたし、そろそろ帰ることに。8時ちょっとすぎにバス停に来たのに、バスに乗ったのは9時ちょっと前。全然バス来なかった(涙)。今日は9時ちょっとすぎには家に着く予定だったんだけど、家に着いたら10時回ってた…。(乗り換えのwilshire Blvdでも20分くらい待ち、さらにLa Cienega Blvdでも20分くらい待ったので、帰るまでに2時間以上もかかった…。)

帰ったら、FarronとMilanがおうちにいた。だから今日行ったところのお話をした。明日、どこに行こうかなと考えている…と言ったら、じゃぁ、The Grooveへ行っておいでよ!とお薦めされた。そこはファーマーズマーケットの隣に新しくできたShopping Mallらしい。さすが、私がMallフリークだということを覚えていたのね…。ということで、明日はいけなかったKodak TheaterとMallへ行くぞ!!今日は移動に時間がかなりかかったけれど、充実した1日でした。

|

« I Love LA!① | トップページ | Santa Barbara »

Travel (abroad)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166802/9918166

この記事へのトラックバック一覧です: I Love LA!②:

« I Love LA!① | トップページ | Santa Barbara »